抗菌CCFLランプカバーにコーティングされている
光触媒とナノイオン銀(ナノイオンAg+)について
室内の消臭や空気感染(ウイルス)は、触媒機能を持つもの以外除去する事ができません。
他商品の抗菌剤との比較ではこの触媒機能を有するか否かではまったく比較にならないと考えます。
東大の光触媒が世界的に有名になったのはこの触媒機能が顕著にあったからにほかなりません。
二酸化チタンの光触媒は、光を吸収する事によって酸素を原子状酸素種に異変させ、
非接触で抗菌・防汚機能するメカニズムです。
建築資材などではビル外壁やガラス窓、鉄橋(無機質素材)等太陽光を吸収する場所で
多様されています。
ナノイオン銀(ナノイオンAg+)は、酸素と接触するだけで原子状酸素種に変異させ
触媒効果を発揮します。
光の届かない部位にも有効なので、カビ・臭いの温床である場所にも効果があります。
 
この抗菌殺菌CCFLランプはWde殺菌抗菌消臭を行うので効果的であり、
刺激の少ない光で部屋全体を照らし自然な色再現を実現します。
室内環境にも適した照明
と言えます。

水耕栽培にみる抗菌ランプの効果(弊社内での経験であり実験ではありません)

  
抗菌電球による水耕栽培①
水苔が全くありません
水の濁り・スポンジの緑化がなく発芽
時間も早い
 
抗菌電球による水耕栽培②
成長も早く感じます
 
抗菌電球による水耕栽培③
スポンジの苔等による緑化は確認できない
電球色から昼光色へ変更してみる
 
抗菌電球による水耕栽培④
気のせいでしょうが白色時の成長が早いかも…

LinkIcon前へ                                                            次へLinkIcon